• NeRoLi herb

「エキナセアと花粉症とアトピー性皮膚炎」



花粉症とアトピー性皮膚炎の症状緩和

に効果があるとされています。

エキナセアに含まれる

「アラビノガラクタン」は、

アラビノースとガラクトースが

結合した水溶性の多糖類で

良質な食物繊維です。 アラビノガラクタンには、

整腸作用があり、

便通を良くする効果があります。

腸内の 善玉菌を増やしながら

悪玉コレステロールの吸収を

妨げる働きが報告されています。

さらに、保湿などの作用があり、

生体吸収性も良く、免疫力を

向上させると言われています。

したがって、腸内菌叢を改善し、

腸内の善玉菌とされるビフィズス菌を

増加させ、悪玉菌を減少させる

作用があります。

悪玉菌には、カンジタ菌や、

バクテロイデスなどの体調が

悪い時などに病変を起こす

日和見感染の原因となるものがあり、

これらが、花粉症やアトピーの

原因になるといわれています。 エキナセアは、抗菌作用を持つ

エキナコサイド、ストアイン酸などの

ポリフェノールを含んでいます。

ポリフェノールは、抗酸化作用があり

活性酸素を除去する働きがある事で

花粉症やアトピー性皮膚炎で

発生する活性酸素の除去作用に

期待されています。

これらは殺菌力、皮膚の治癒効果も

高く、アレルギーの他にも

ニキビ治療にも有効とされています。 エキナシンは、エキナセア特有の

糖類成分で抗ウイルス作用があり、

免疫力の維持に役立つとされ

注目を集めています。

免疫細胞の「T細胞」や

「マクロファージ」の表面に取り付いて

それらの機能を活発化させます。

エキナシンにはこのインターフェロンの

産生を促して免疫機能を

保つ働きがあるのです。 花粉症は、本来は無害なアレルゲンなどに

反応して大量に分泌されるIgE抗体が、

肥満細胞(マスト細胞)と結合して、

肥満細胞(マスト細胞)の中に大量の

ヒスタミンやロイコトリエンを

作りだすことから始まります。

ヒスタミンやロイコトリエンは

肥満細胞(マスト細胞)内に蓄積され

それが限界に達すると、

肥満細胞(マスト細胞)から血清中に

大量のヒスタミンやロイコトリエンが

遊離する事で、過剰な

免疫防御反応が引き起こされ、

花粉症やアトピー性皮膚炎の

諸症状があらわれます。 アレルギー症状を引き起こす過剰な

免疫反応は、免疫細胞のバランスが

崩れている事によると言われています。

エキナセアは、

免疫細胞を活性化する事で

免疫系を正常にする作用が働き、

花粉症やアトピーの症状緩和に

効果があると考える事が出来ます。 アレルギーブレンドの購入はこちら

483回の閲覧
NeRoLi herb

Home

Shop

Only One Blend

Blog

Cafe Bar

Contact

Media

Company

Cafe Bar NeRoLi herb

03-5432-9265

cafebarneroli@yahoo.co.jp

東京都世田谷区北沢2-1-7

ハウジング北沢ビルⅡ3F

12:00~22:00(L.O21:00)

​毎週火曜・第三月曜定休

Help

Follow Us

お洒落なバーでハーブをもっと生活に

取り入れるご提案をしております.。

下北沢にあるNeRoLi herbは、

現代人の様々なお体の不調や

ストレスを緩和するリラックス空間

を目指し、ハーブを中心とした

メニューをご提供しています。

お洒落な雰囲気の中、

オリジナルブレンドの

ハーブティーを楽しめます。
ネロリハーブは22時まで営業する

バータイムもあるカフェですが、

お体の健康や美肌作りに役立つ事を

モットーとしています。

体調が悪いときに飲むお薬には

化学的に作られた薬と、

天然成分を使った生薬がありますが、

当店でお試しいただけるハーブは

東洋の漢方薬と並ぶ生薬にあたります。
日本人には漢方薬ほど馴染みが

ないものの、最近は女性を中心に

少しずつ毎日の健康や美肌作りの為に

取り入れられています。

Peace G&P co.ltd.,

0
  • 130925_rakuten
  • White Instagram Icon